住宅情報・ニュース
2009年03月29日

燃料電池付き住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

積水ハウス、首都圏限定で「燃料電池付き住宅」新発売

積水ハウスが、太陽光発電システムも加えた「燃料電池付き住宅」を首都圏で限定販売するというニュース。
燃料電池は、ガスから水素を取り出しと空気中の酸素を使って発電させるシステム。さらに、その際に発生する熱は給湯に利用するので、非常に効率的で環境に優しいシステムになっているようです。積水ハウスでは、快適な暮らしとエコを両立する「CO2オフの暮らし」を提案し、先進の省エネ技術と創エネ技術を組み合わせることで、快適な暮らしを続けながら住宅からの二酸化炭素(CO2)排出オフを目指した「地球環境にやさしいエコロジーな住まい」を提供するとしている。大手住宅メーカー各社もエコ住宅、省エネ住宅を発売しており今後注目である。

高断熱・気密仕様や高効率な給湯機器などの標準装備により省エネを徹底し、居住時のCO2排出を極力抑えたうえで、さらに太陽光発電システムと家庭用燃料電池の発電による削減効果で、計算上のCO2排出量が差し引きほぼゼロとなる暮らしが可能だ。
太陽光発電システムはCO2を出さないクリーンなエネルギーで、発電した分だけ光熱費も軽減。昼間の余った電力を売ることによる経済的メリットもある。燃料電池はガスから水素を取り出し空気中の酸素と化学反応させて発電し、このときに発生する熱を利用して同時にお湯も作る非常に高効率なシステムだ。
積水ハウスでは、太陽光発電システムも加えた「燃料電池付き住宅」を首都圏で限定販売する。

posted by iezukuri : 2009年03月29日 15:23 | trackback (0)

Previous « ガウディやダリがデザインした家具

“燃料電池付き住宅”へコメント




保存しますか?


 
To Page Top “燃料電池付き住宅