大文字/小文字を区別 正規表現で検索

日本建築学会

2007年06月04日

パークハウスつくば研究学園

パークハウスつくば研究学園

免震構造&100年コンクリート採用の超高層マンション「パークハウスつくば研究学園」を建設

三菱地所株式会社とNTT都市開発株式会社が「パークハウスつくば研究学園」において、免震構造と100年コンクリートを採用するというニュース。
で、気になったのが「100年コンクリート」。どうやら「100年コンクリート」とは、日本建築学会の「建築工事標準仕様書」に定められたコンクリートの耐久設計基準強度で「長期」を100年というらしい。
さらに「つくば市で初めて免震構造および100年コンクリートを採用」と書かれている。ということは、つくばには免震構造のマンションがない?高耐久マンションがない?なんて気になっちゃいますよね。実際どうなんでしょう。つくばといえば、つくばエクスプレスが通ってマンション開発も盛んに行われているエリアのような気がするのですが。
秋にはモデルルームもオープンされる予定だそうなので、まずは見てみれば...。

"パークハウスつくば研究学園"の続きを読む »

posted by iezukuri : 22:47 [ マンション ]

2007年04月16日

中銀カプセルタワービル

中銀カプセルタワービル

黒川紀章氏の代表作「中銀カプセルタワービル」取り壊しへ

建築家黒川紀章氏の代表作の1つ「中銀カプセルタワービル」が取り壊して建て替えられるというニュース。
先日の東京都知事選で話題の黒川紀章氏ですが、本来の建築家としてのニュースですね。それにしても個性的な外観の住宅ですね。ワンルームマンションとのことです。
この「中銀カプセルタワービル」の建て替え後は、1区分当たり6割の増床が見込めるビルになるとか。それにしても、老朽化やアスベストが理由のようですが「増床」とかいわれると、そっちか...とも思ってしまいますね。
保存の声も出ていたようなのですが、「経済面を考えれば建て替えざるを得ない」ですって。ちょっと残念。
ちなみに黒川紀章氏の他の代表作は、「名古屋市美術館」「和歌山県立近代美術館」など、最近では六本木の「国立新美術館」などなど。

"中銀カプセルタワービル"の続きを読む »

posted by iezukuri : 21:34 [ 構造・工法 ]

2007年02月06日

失敗の建築博物館

「失敗の建築博物館」オープン。建築学会、紛争事例集めたサイト開設

日本建築学会の司法支援建築会議が、建築紛争事例の調査、研究の成果を集めた「失敗の建築博物館」(仮称)をウェブサイトに開設するというニュース。
とは言っても準備を始めたというニュースで実際のオープンは2、3カ月後の予定だそうです。
とても興味深く、革新的なサイトですね。オープンが楽しみです。内容は面白そうなので使い易いサイトだといいですねぇ。オープンしたらまた紹介します。

"失敗の建築博物館"の続きを読む »

posted by iezukuri : 15:11 [ 住宅ニュース ]

2007年01月13日

新宿山吹アインスタワー

新宿山吹アインスタワー

藤和不動産、コンパクト・タワーマンション「新宿山吹アインスタワー」を販売

藤和不動産が、平成19年2月上旬より、「新宿山吹アインスタワー」の販売を開始予定というニュース。
この「新宿山吹アインスタワー」を「アイスワイン」って読んでしまうのは僕だけでしょうか...。
まぁ、それはさておき「新宿山吹アインスタワー」は、東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅徒歩1分の都心に誕生する“コンバーチブル・ハウス”という新しいカテゴリーの上質なコンパクト・タワーマンションとのこと。
ところでこの“コンバーチブル・ハウス”って何なんでしょう。
コンバーチブル・ハウスCONVERTIBLE HOUSE)とは...
「コンバーチブルハウス」とは、コンパクトマンションを上質なタワーマンションにCONVERT(変えられる、変換できる)する、というコンセプトでつくられたマンション。全フロアがstudioから2LDKまででつくられていて、シングル・DINKSのための物件。ということらしぃ。
ちなみに新宿山吹アインスタワーの物件概要は、地上24階建て・総戸数174戸の超高層タワーマンション。耐震性や耐久性に優れた構造とするため、日本建築学会のJASS5で「大規模補修不要予定期間100年」と規定された耐久設計基準強度30N/mm2を超える36~60N/mm2の高強度コンクリートを使用し、地上部分はFHRC工法を採用。さらに、建築確認に先立って「構造性能評価」を取得し国土交通大臣による認定を受けています。ですって。
んん~、色々と難しい単語がでてきて結局よくわからない。。。

"新宿山吹アインスタワー"の続きを読む »

posted by iezukuri : 10:36 [ マンション ]

2006年06月19日

リサイクルタイルカーペット スミグリーン

リサイクルタイルカーペット スミグリーン

スミノエ 建築系展示会で環境商品「スミグリーン」をPR

(株)スミノエと住商インテリアインターナショナル(株)が、「第12回建築リフォーム&リニューアル展」にリサイクルタイルカーペット「スミグリーン」を出展したというニュース。
ほぉ、住宅設備もリサイクルですか...と関心したのですが、リリースを読んでみると複数の会社が開発、販売、回収に絡んでいるようで「リサイクル出来るカーペット発売しました。」という単純なものではなくて、きちんとリサイクルできる仕組み作りまで考えられた商品なのですね。「すばらしぃ。」と思いますがいかがでしょう。

"リサイクルタイルカーペット スミグリーン"の続きを読む »

posted by iezukuri : 22:04 [ 住まい ]

2005年10月27日

モダニズム建築を文化遺産として守ろう

モダニズム建築

身近でも立派な文化遺産「モダニズム建築」高まる保存運動

昭和の都市建築で主流だった「モダニズム建築」を文化遺産として守ろうという運動が盛んになってきた。再開発ラッシュでビルの建て替えサイクルが加速するなか、あまりに日常的だったこれらのビルや施設には、価値が見過ごされて解体の危機にさらされているものも少なくない。郵政民営化法の成立で庁舎の建て直しが心配される東京中央郵便局も、建築関係者や研究者らによる保存の要望が相次いでいる。

"モダニズム建築を文化遺産として守ろう"の続きを読む »

posted by iezukuri : 22:38 [ 建築 ]

2005年09月20日

村野藤吾建築 原村八ケ岳美術館

脚光浴びる村野建築 原村八ケ岳美術館を「しのぶ会」見学

原村の八ケ岳中央高原の樹林帯に建つ村立八ケ岳美術館。近代建築に数多くの名作を残した建築家村野藤吾氏が晩年に手がけた建築だ。今秋、建築家や研究者らでつくる「村野藤吾先生をしのぶ会」の一行が見学に訪れた。単純なパターンの繰り返しで構成した建築は村野作品には少なく、同館の存在価値を認める会員ら。来年にも同館でシンポジウムを開く話が浮上している。

"村野藤吾建築 原村八ケ岳美術館"の続きを読む »

posted by iezukuri : 21:32 [ 建築 ]

2005年09月20日

埼玉住まい・まちづくり交流展

住まい・まちづくりで交流 建築学会関東支部 埼玉支所10月開催

日本建築学会関東支部埼玉支所は10月1、2の両日、伊奈町の県民活動総合センターで、「埼玉住まい・まちづくり交流展」(埼玉県後援)を開催する。参加は無料(一部セミナーは資料代実費)。

"埼玉住まい・まちづくり交流展"の続きを読む »

posted by iezukuri : 21:28 [ 住宅ニュース ]


 
To Page Top “日本建築学会