大文字/小文字を区別 正規表現で検索

丹下健三

2007年10月13日

黒川紀章 死去

建築家 黒川紀章が死去

建築家の黒川紀章氏が12日、都内の病院で死去したというニュース。
建築家としても有名な黒川紀章ですが、最近では東京都知事選挙や参院選への出馬などでも有名ですね。
記事にのあるように丹下健三の門下生(丹下研究室出身)だったんですね。

"黒川紀章 死去"の続きを読む »

posted by iezukuri : 14:04 [ その他 ]

2007年05月08日

東京都美術館

「前川建築を活かす形で大規模改修を」東京都美術館について提言

「都立文化施設のあり方検討会」が、東京・上野の東京都美術館など3施設の老朽化対策についての報告書を受け、都は今年度に東京都美術館の改修の基本設計に着手するというニュース。
この東京都美術館などの建物の改修は「優れた前川建築の一つである東京都美術館の建物を保存し、都民に親しまれたたたずまいとともに後世に継承していくべきである」のと見解からのものだそうです。
ちなみに前川国男とは,,,
ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドの元で学び、モダニズム建築の旗手として、第二次世界大戦後の日本建築界をリードした。丹下健三、木村俊彦は前川事務所の出身である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
また、2006年3月5日まででしたが、東京ステーションギャラリーで「生誕100年・前川國男建築展」が開催されていたこともありました。

"東京都美術館"の続きを読む »

posted by iezukuri : 21:01 [ 建築 ]

2007年01月22日

国立新美術館

国立新美術館

国立新美術館が六本木にオープン 波打つガラス建築

1月21日に六本木の国立新美術館が開館したというニュース。
国立新美術館は、コレクションを持たない国内最大級の展示スペースというところ常時展示はなく企画展のみで運営されるらしいです。さらに名前についてですが、国立新美術館って今は「新」でいいけど後々はどうなんでしょう。なんてコメントも聞かれます。次は新新美術館?とか...。
また、建物にデザインも気になりますが、黒川紀章という建築家が設計を行ったそうです。
黒川紀章は、、1934年4月8日、愛知県生まれの建築家で、東京大学大学院建築学科専攻博士課程修了。東京大学では、丹下健三の研究室だったそうで丹下研出身の世界的建築家であるとのこと。代表作には、中銀カプセルタワービル、国立民族学博物館、ソニータワー、和歌山県立近代美術館などなど。
ちなみに、国立新美術館のロゴは、楽天のロゴやSMAPやMr.Childrenのアートワークで有名な佐藤可士和がデザインしたらしい。

"国立新美術館"の続きを読む »

posted by iezukuri : 11:32 [ 建築 ]

2006年09月09日

フライ・オットー

フライ・オットー(frei otto)

高松宮文化賞の建築部門にフライ・オットー

2006年第18回高松宮殿下記念文化賞の建築部門に構造家のフライ・オットー氏が選ばれたというニュース。
そもそも、フライ・オットーってどんな人?ということで...
1972年のミュンヘン・オリンピック会場の波打つテントの建築家として知られる、20世紀後半のドイツを代表する建築家。丹下健三との共作「北極の街」(1971)や、坂茂との共作「ハノーヴァー万博日本パビリオン」(2000)など、日本にゆかりの強い作品もあるとのこと。
フライ・オットーの略歴は...
1925年ドイツ生まれ、ベルリン工科大学卒業後、フランク・ロイド・ライト、エーロ・サーリネン、ミース・ファン・デル・ローエ、チャールズ・イームズなどに師事。
1954年博士論文<吊り屋根>執筆
1955年膜構造による処女作「カッセルの屋外音楽堂」発表
1957年ベルリンに軽量構造設計事務所(EL)開設
1964年シュツットガルト大学教授就任、軽量構造研究所(IL)を設立し、生物学者、建築家と共同研究を開始
フライ・オットーの主な作品として...
「スイス博覧会のパビリオン」「モントリオール万国博覧会西ドイツ館」「ミュンヘン・オリンピック・スタジアム」「マンハイムの多目的ホール」
フライ・オットーの主な受賞としては...
オーギュスト・ペレ賞、ベルリン芸術賞、トーマス・ジェファーソン賞、ドイツ建築連盟大賞などだそうです。

"フライ・オットー"の続きを読む »

posted by iezukuri : 21:11 [ 住宅ニュース ]

2006年05月14日

建築・デザインの王国 イタリア

建築・デザインの王国、イタリアへ

「建築・デザインの王国、イタリアへ」というタイトルでCasa BRUTUSの2006 vol.75 Juneが5月10日に発売されました。
丸ごと一冊イタリア特集。建築&デザイン&「旬の暮らし」デザイン・マガジン「Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)」の6月号の紹介です。

"建築・デザインの王国 イタリア"の続きを読む »

posted by iezukuri : 22:42 [ 住まい雑誌 ]

2006年01月09日

建築家によるRC住宅・オープンハウス

建築家へ注文住宅をオーダーする贅沢を知る見学会

アートウェッブハウス株式会社は、都心の閑静な高級住宅街、六本木ヒルズを間近に望むRC住宅が体感できる、『建築家によるRC住宅・オープンハウス』を2006年3月19日に開催する。

"建築家によるRC住宅・オープンハウス"の続きを読む »

posted by iezukuri : 21:34 [ 住宅ニュース ]

2005年10月01日

伊東豊雄 建築賞を受賞

建築家の伊東豊雄、英国の建築賞を受賞

ロンドンの王立英国建築家協会(RIBA)は29日、06年のロイヤル・ゴールドメダルを日本人建築家、伊東豊雄に贈ることに決めたと発表した。

"伊東豊雄 建築賞を受賞"の続きを読む »

posted by iezukuri : 12:25 [ 住宅ニュース ]

2005年08月23日

丹下健三 DNA

Casa BRUTUS 丹下健三 DNA

ニッポン最大の巨匠が21世紀に遺したものは?丹下健三 DNA」というタイトルでCasa BRUTUSの特別号 Bilingual Issueとして8月10日に発売された。

"丹下健三 DNA"の続きを読む »

posted by iezukuri : 21:10 [ 住まい雑誌 ]

2005年08月21日

谷口吉生建築作品ツアー

本人の案内で谷口吉生建築作品ツアー

国際的な舞台で活躍する建築家、谷口吉生さんが設計した香川県内の美術館などを、谷口さん本人の案内で巡るツアーが20日に行われた。
香川県内外から訪れた美術ファンらは気品あふれる建築美への理解を深めるとともに、巨匠の豊かな人間性を身近に感じた。

"谷口吉生建築作品ツアー"の続きを読む »

posted by iezukuri : 12:32 [ 建築 ]


 
To Page Top “丹下健三